国分寺市 小林内科医院 General Practitioner / Internist 総合内科専門医 小林典雄
発熱または咳・息切れや のど・はな等の カゼ症状があるかたへのお願い
上記の場合の受診のしかたについてこちらのページに掲載しました。受診前に必ずお読み下さい。
オンライン・電話診療(遠隔診療)
上記について「おしらせ」に掲載しました。
当院での新型コロナウイルスの抗体検査
上記について「おしらせ」に掲載しました。御希望の方は御覧ください。
当面のあいだ 午前の診療を12時で終了します
従来、午前の診療は12時30分までおこなっておりましたが、発熱や咳などのある患者さんと一般の患者さんを分けるため、当面のあいだ午前の診療を12時で終了します。なるべく11時30分ごろまでに受付をお願いします。(午後は変更ありません) 御不便をおかけしますが御了承下さい。

 

 

 

おしらせ

新型コロナウイルスの抗体検査(血中 IgM,IgG 検査)について

ウイルスに感染したのちに体内の免疫系によりそのウイルスに対する抗体が産生されます。麻疹風疹やインフルエンザなど一般的なウイルスでは感染後の早い段階でまずIgM抗体が、その数週間後にIgG抗体が血液検査で検知できます。日常 …

オンライン診療(電話・情報機器による遠隔診療)について

新興感染症とそれに伴う緊急事態宣言等による御心配から、オンライン診療(PCやスマートホンなどによる遠隔診療)についてのお問い合わせが増えております。現時点での「保険診療の要件」は以下のようになっております。 (1)「初診 …

風疹の抗体検査とワクチンに関して

風疹の検査やワクチンに関するお問い合わせが増えています。 風疹は三日ばしかともよばれ、数日間の発熱と特有の皮疹のみで自然治癒することが多い病気です。しかしながら、抗体のない妊婦さんがかかってしまうと赤ちゃんに重い障害が残 …

ふたつの肺炎球菌ワクチン

当院では以前より65才以上のかたへの自治体補助のある肺炎球菌ワクチン(ニューモバクスNP)を接種しております。この制度は、いままで一度もニューモバクスを接種したことのない高齢者のかたへ5年かけてなるべく全員に打っていただ …

おとなの帯状疱疹予防ワクチン

帯状疱疹は子供のころから体内にいる水痘ウイルスが、人間の抵抗力が落ちたところに乗じて勢いを増して発症します。年齢があがるにつれて増えてきますが、発症そのものが50才台から、帯状疱疹後神経痛は60才台から頻度が増えるとされ …

PAGETOP
Copyright © 小林内科医院 All Rights Reserved.