風疹の検査やワクチンに関するお問い合わせが増えています。
風疹は三日ばしかともよばれ、数日間の発熱と特有の皮疹のみで自然治癒することが多い病気です。しかしながら、抗体のない妊婦さんがかかってしまうと赤ちゃんに重い障害が残ってしまう可能性があるため、妊娠前に抗体を獲得しておくことと妊娠希望の女性の周囲での感染防御がとても大事になります。

抗体が十分あるかの検査は血液をとって4日程度で結果が出ます。ワクチンは風疹単独ワクチンか麻疹風疹混合ワクチンを接種します。(現在、風疹単独ワクチンはとても品薄になっており、供給の状況でどちらをうつか決めさせていただいています)

東京都に住民票のあるかたで、(1)妊娠を希望する19才以上の女性(2)その方の同居のご家族、については抗体検査および抗体が少ない場合でのワクチン接種の費用に関して自治体の補助があります。詳細はお住まいの自治体にお問い合わせください。
(※(2)については2018年11月からの制度です)

なお、たいへん残念なことですがこの制度は東京都の事業でありながら周辺各市間での「相互乗り入れ」が行われておりません。従って、当院では国分寺市に住民票のある方のみこの制度を利用いただけることになります。他市在住のかたはお手数ですがおすまいの市内の医療機関でご相談ください。