当院では以前より65才以上のかたへの自治体補助のある肺炎球菌ワクチン(ニューモバクスNP)を接種しております。この制度は、いままで一度もニューモバクスを接種したことのない高齢者のかたへ5年かけてなるべく全員に打っていただきたいという趣旨で行われています。当院では国分寺・小金井・小平におすまいの該当年齢のかたがこの制度を利用して接種可能です。(なおニューモバクス5年以上の間隔をあけて定期的に接種することが推奨されていますが、自治体の補助は「いままで一度も接種したことがない」ご高齢の方のみが対象です)

ニューモバクスそのものは1993年より日本で接種が始まったので、もうそろそろ2度目の接種を、とお考えのからもいらっしゃるようになりました。従前は再度ニューモバクスを接種していましたが、再接種時にしばしば打ったところがおおきく腫れあがることがありました。その後、2013年から新たな肺炎球菌ワクチン「プレベナー13」が使用できるようになりましたが、こちらのワクチンは抗体を作る力が強く一生に一回の接種で十分といわれています。

費用は若干高めになりますが、以前すでにニューモバクスをうっているかたの2度目の肺炎球菌ワクチンには、こちらのプレベナー13をおすすめしています。